GDB3500 GDR3500
個別・グループ呼出
無線機 towa
トップページ
0721-98-1317
mail@towa-inc.net
個別・グループ呼出を行うには、事前の準備が必要です。

   @ 個別・グループ呼出機能を ON(コベツ) 設定にする。
   A それぞれの無線機に、 無線機番号グループ番号を設定する。

通話を行う無線機には、以下の条件が必要です。

   @ それぞれの無線機に、上記@Aの設定がされている。
   A チャンネルが同じ (GDB3500は、デジタルチャンネルのみ可能)
   B UC(ユーザーコード)が同じ
   C 秘話機能がOFFまたは、ON時に秘話コードが同じ
個別呼出 (特定の1台の無線機との通話)

 @選択ボタンを 押して
    呼出モードを 個別にする。
   コベツ 001 表示になります。
   ※すでに コベツ 表示になっている場合は省略
 A▲ボタンを、相手の無線機番号が表示されるまで押す。
   ※コベツ 001 の状態で▼を押すと
     ALL に切り替わります。
   ※▲▼ボタンを押し続けると切替わりの速度が
     速くなります。
 B送信する。
グループ呼出 (特定のグループの無線機との通話)

 @選択ボタンを 押して
    呼出モードを グループにする。
   グループ 001 表示になります。
   ※すでに グループ 表示になっている場合は省略
 A▲ボタンを、相手のグループ番号が表示されるまで押す。
   ※グループ 01 の状態で▼を押すと
     コベツ 200 に切り替わります。
   ※▲▼ボタンを押し続けると切替わりの速度が
     速くなります。
 B送信する。
一斉呼出 (上記@〜Cの条件が合致するすべての無線機)

 @選択ボタンを 押して
    呼出モードを 一斉 にする。
   ALL 表示になります。
   ※すでにALL 表示になっている場合は省略
 A送信する。

他の無線機が同一チャンネルで個別・グループ通話中は、LEDランプが点滅(緑色)します。
  この場合
  GDB3500・・送信できますが、通話距離が短くなったり通話不能になります。通話中の他の無線機にも妨害を与えます。
  GDR3500・・送信できません。(キャリアセンス
他の無線機が同一チャンネルで個別・グループ通話中にモニターボタンを押すと
  秘話機能 OFFの場合・・・モニター(通話を傍受)できます。
  秘話機能 ON の場合・・・モニターできません。

相手番号の選択を▲▼スイッチではなく、無線機上部のロータリースイッチで切替える設定もあります。
  この場合は、チャンネルを▲▼スイッチで切替えます。・・・・・詳しくは、こちら

出荷前にご指定いただくか、無線機本体を弊社まで送付いただきましたら、以下の設定が可能です。
  @ 呼出先の個別・グループIDを削除・・・・例 コベツ001〜200(初期設定)を コベツ001〜020 のみにする。
  A 表示を変更する・・・[ コベツ ●●● ]を[ ジムショ ] [ コベツ ヤマモト] カタカナ・アルファベットの半角12文字以内
  B 管理者用にすべてのグループ通話をモニター(傍受)する。(通常は自グループの通話しか傍受できない)